緑茶と椿油の石けん 精油なし

型番 SP01A0140 O
在庫状況 在庫 0 個 / 売切れました。 次の発売までお待ちください。
緑茶成分の様々な魅力を閉じ込めて

京都の宇治で有機栽培された新茶を、カメリアオイル(椿油)でじっくり漬け込み、緑茶成分を抽出しました。

緑茶をたっぷり漬け込んだオイルは、深い、深い、緑色になります。
こうして出来上がった緑茶オイルを惜しみなく使い、熟成・乾燥させると、優しい緑色の石けんが完成しました。

緑茶成分の抽出方法や配合量、温度管理などを、何度も試行錯誤して試作品を作り、レシピが完成するまでに長い時間を要した石けんです。

どうぞ、魅力的な緑茶の力を、存分にお愉しみくださいませ。
Recipe
Oil (ソフトオイル・ハードオイルの順で、多く配合しているものから表記)
カメリア(椿油/緑茶*inf.)
ヤブツバキの種子から得られます。日本では昔から女性達に大切に使われてきました。
米糠油(米胚芽油)
米特有の栄養成分でビタミンEやγオリザノールをはじめ、ステロール、スクワレン、ろう、オレイン酸やリノール酸を含みます。脂肪酸組成の安定性が良く熱安定性に優れます。石けんを作ると、泡立ちもよく、良質の石けんができます。米の有効成分を残しながら、時間をかけて製造された高品質なものを選びました。
カスター(ヒマシ油)
ヒマ(唐胡麻)の種子から得られます。アーユルヴェーダでも重宝されています。
アボカド
アボカドの果肉から得られます。オレイン酸、ビタミンA・D・B・E、ステロール類、レシチンなどを豊富に含む栄養価の高いオイルです。
ココナッツ
ココヤシの果肉を乾かしたコプラから得られるオイルです。気泡力がありますので、泡立ちのよい石けんを作るときに欠かせません。また、石けんのアルカリ度を下げ、硬い石けんにすることができます。
パーム
アブラヤシの果肉を絞ったオイルで、オレイン酸を豊富に含みます。硬く解け崩れの少ない石けんを作ることができます。
※一般に知られる材料の特性です。

OIL:カメリア(椿油/緑茶*inf.)、米糠油(米胚芽油)、カスター、アボカド、ココナッツ、パーム
EO(100%PURE精油):なし
NaOH(鹸化剤)

*有機JAS認定 オーガニック
**自家栽培 オーガニック
解禁時重量
約80g
手作り石けんについて

無添加、無合成着色料、無合成香料、合成保存料。
オイルを熱で酸化させない、コールドプロセス製法の手作り石けんです。

石けんの色は、オイル・ハーブエキス・クレイなどによるものです。天然材料で手作りしているため、色や香り、形にムラがある場合や、写真と色が異なる場合がございますが、ご了承くださいませ。
材料の仕入値の変動により、価格を変更する場合があります。
当店の石けんは、薬事法上すべて雑貨扱いです。

直販との関係で在庫不足が発生することがあります。
不足があった場合、ご注文メール(自動配信)の後にご連絡致します。大変恐れ入りますが、どうぞご了承くださいませ。

手作り石けんについて
ご使用の前に/薬事法について

脱酸素剤」と「乾燥剤」を、「脱酸素材対応袋」に封入し、フレッシュなまま密封してお届けしております。「脱酸素剤」には、酸化防止効果・カビ防止効果・好気性菌の繁殖防止効果などがあります。